けいたろうのメインがランチのブログ

フードアナリストな旅行ナビゲーター。 フリーライターけいたろうによるブログ

旅行ガイドメディアであるトラベルjp<たびねす>、 J-TRIP Smart Magazine 関西、連載.jp、キョウトピなど、
いろんなサイトで執筆させてもらってるライターです。 けいたろうというペンネームで活動しています。
取材で訪れたお店や観光地のお店、記事制作こぼれ話などを書いてます。


 ●Travel.jp たびねす  ●J-TRIP Smart Magazine 関西  ●連載.jp  ●キョウトピ  ●Twitter  ●Instagram  ●執筆・取材依頼はコチラ


深江橋のアメリカンジャンクフード_UK

まいどどーも。けいたろうです。深江橋に出没。


I LOVE JUNK FOOD!!yeah!
というワケで乗っけから取り乱しました。
私、公言している通り、ジャンクフードが大好きなのです。


そんな大好きなジャンクフードの店の中でも、特に印象に深い店と言えば、UK
けいたろうブログ-深江橋のアメリカンジャンクフード

知る人ぞ知る、大阪でかなり有名なジャンクフード、アメリカンフードの名店。


なのですが、更に私には、印象の深いお店です。
というのも、このお店がある深江橋という街は、
淡路島から大阪に引っ越してきて、18歳から22〜3歳まで、過ごした街なのです。


もう街自体に思い出のフラグが、そこいら中にあります。
そろそろ36になろうかという今日、久々に訪れてみました。
いつの間にか、18の倍になってます。


中央線で深江橋に下り立ち、改札を抜けて地上へ。
というか、駅自体がかなり変わってる様な気がします。
前評判で変わってると、言われまくってたグランフロントよりも、ビックリです。


さて。地上へ出ると、変わった景色やら変わってない景色やら。
18年前から変わってない、行き付けだったスーパーへ吸い込まれるように入店してしまいました。
何も買わずに出るのもと思い、お茶を買って、外へ。


景色を懐かしみながら、中央大通り沿いを東へ東へ。
出口にあって、学生時代に食いたいと思いつつも、狭そうで高そうで入れなかった焼肉屋さんや、
当時住んでたマンション何かを見ながら歩くこと30分くらい。
真っ直ぐ行くと10分くらいの距離です。


目的のお店がありました。
けいたろうブログ-深江橋のアメリカンジャンクフード

懐かしさがこみ上げます。といってもこのお店、実は両手で足りるくらいしか行ってないんですよね。
何でかって言うと。
店の存在に、家から駅への道の反対にあって、半年くらい気付かずに居て、
気付いても、最初の1〜2年は、洋服屋さんとかだと思ってました。


そんで次の1年くらいは、入店するのが怖かったから。です。
なんてたって、本格ジャンクの店なんで。初めてカフェだと気が付いた時は、
夜中近くで屈強な黒人さんとかが居て、ビビりまくりでした。


と、しばらくはビビってたんですが、次第に入ってみたいという欲求に駆られ、入ってみました。
遂に友人を誘って(笑)ヘタレです。


確か、入店したのは、夜だったように思います。
店内には大音量のハードロックなBGM、アメリカンでバイカー仕様でな内装外装。
けいたろうブログ-深江橋のアメリカンジャンクフード

海外の人が酒を飲みながら、メシを食ってました。
席に案内されて、壁のメニューを見ながらオーダー。


ジャンクな味と、アメリカンなボリュームにしびれて、私は店のファンになり、ジャンクフードの下僕となりました。
それから大阪府内の別の場所に引っ越して、疎遠になるまで短い間でしたが、何回か通ったお店です。


と。とてつもなく長くなりましたが。そんなお店。UK
けいたろうブログ-深江橋のアメリカンジャンクフード

久しぶりの来訪です。


店に到着。外観は昔のままです。
アメリカンなスウィング式のドアを開け、店内へ。
相変わらずの、大音量のハードロックなBGMとアメリカな内装。
けいたろうブログ-深江橋のアメリカンジャンクフード

昼の2時前の入店ですが、結構混んでます。


店の中ほどの席に通されると、店内を物色。


けいたろうブログ-深江橋のアメリカンジャンクフード

今も壁にメニューが貼られているスタイルは健在です。
けいたろうブログ-深江橋のアメリカンジャンクフード

メニューには、ちょっとした物語が書き添えられていて、それが如何にも嘘っぽくていい感じです。
印象的なのを一つ紹介。
けいたろうブログ-深江橋のアメリカンジャンクフード

      • -

アーリーバード:Ealy Bird \800
ダラスの石油王JRユーイングは食事もとらずに早朝から石油井戸を見まわる。妻スーエレンはJRがとても心配。
そんな彼の為に作ったパワープレート。フライドエッグ、スモークハム、荒びきソーセージにカントリービーンズが、
スーパーマッチのテキサススタイルのオープンサンドです。

他にはアリゾナ州のタイル職人だとか、テネシー州のテリー夫人だとか。
とまぁ、終始こんな感じのテキトーな話がでっち上げられたメニュー群で、読んでるだけで結構楽しいです。
と思ってたんですが、今ググったら、ダラスの石油王JRユーイングとやらは、結構な有名人だそうです。
というか、「ダラス」ってアメリカで超有名な大河ドラマだそうだ。
ん?実在の人のドラマ?架空の人?知らねー。まぁとにかくそんな感じ。


で。何を食べるか、しばし検討。
一つのメニューに目が止まる。
けいたろうブログ-深江橋のアメリカンジャンクフード

KANSAS city ビーフステーキ(スープ付き)\1,050


昔のUKには、確かステーキは無かったはず。ハンバーグはかなり豊富にあったけど、
ステーキのメニューはなくて、「ステーキ置けば良いのに」と思ってたので、多分確実。
ともあれ、UKでステーキがせっかく実現しそうなので、KANSAS city ビーフステーキとセットでアイスコーヒーをオーダー。


しばらくすると、まずスープとアイスコーヒーが運ばれてきました。
けいたろうブログ-深江橋のアメリカンジャンクフード

この何の変哲もないコンソメスープですら、懐かしさ満点です。


さらにしばらくすると、料理が到着。
けいたろうブログ-深江橋のアメリカンジャンクフード

説明にもある通り、ガーリックライスの上にステーキが乗ってて、如何にもアメリカンなワンプレート料理と言った感じ。


早速いただきます。
まずは、ちょっと日和ってライスから。
いわゆるガーリックライスなのですが、一緒に入ってるキャベツとモヤシの口触りで、
ちょっと変わった食感を演出しています。枝豆なんかも入ってました。


さて。本丸であるステーキ。
ガツンと来ました。何が?スパイスです。ステーキのシーズニングが想像以上に効いてます。
スパイシーさに、舌がちょっとねじれる感じがします。
そのねじれて元に戻りきってない舌へ、無遠慮に押し寄せる、肉の質感と赤身ではあるものの脂の感じ。
いかにも、体に悪くて、そして素晴らしく美味しい物を食べてるという感じがします。
幸せです。


こういう物を食べると、止まりません。
ライスを肉を口の中へ投げ入れるスプーンの動きが止まりません。
かなりボリューミーな量にも関わらず、一瞬で食べてしまいました。


そして去来する信念。美味しかったです。ごちそうさまでした。また来ます。絶対。
けいたろうブログ-深江橋のアメリカンジャンクフード


ホームページがありました。
http://ukcafe.net/index.html


ホームページを見てて氷解した疑問が一つ。
何で、アメリカン全開なお店なのに、UKなんだろ?と思ってました。
UKっていうとUnited Kingdomでしょ?
じつはUKロック好き?などと考えていましたが、
UKとはUnivercity of Kentucky(アメリカ・ケンタッキー大学)の略だそうで、
オーナーさんが留学していた大学だそうだ。


アメリカを旅して、ルート66で出会ったトラックストップと呼ばれる、アメリカ版のドライブイン的なお店。
大阪の中央大通り沿いにそういった店を出店したかったという、オーナーの熱い思いがホームページに記載されています。


ちなみに、店の隣に止めてあった、店の車。
けいたろうブログ-深江橋のアメリカンジャンクフード

こちらもいかにもです。


けいたろう

ユーケー ワイルドキャッツカフェ 高井田本店アメリカ料理 / 深江橋駅高井田中央駅高井田駅(大阪市営)
昼総合点★★★★ 4.5

最寄り駅:深江橋駅、高井田中央駅高井田駅(大阪市営)
住所:大阪府東大阪市高井田西5-4-30
TEL:06-6783-1539
営業時間:24時間営業


大きな地図で見る

観光情報サイトの『たびねす』にて旅行ナビゲーターとして旅行ガイド執筆中。
よろしければ遊びに来てください。
http://guide.travel.co.jp/navigtr/280/

食べログ グルメブログランキングに参加中
食べログ グルメブログランキング