けいたろうのメインがランチのブログ

フードアナリストな旅行ナビゲーター。 フリーライターけいたろうによるブログ

旅行ガイドメディアであるトラベルjp<たびねす>、 J-TRIP Smart Magazine 関西、連載.jp、キョウトピなど、
いろんなサイトで執筆させてもらってるライターです。 けいたろうというペンネームで活動しています。
取材で訪れたお店や観光地のお店、記事制作こぼれ話などを書いてます。


 ●Travel.jp たびねす  ●J-TRIP Smart Magazine 関西  ●連載.jp  ●キョウトピ  ●執筆・取材依頼はコチラ ●Twitter  ●Instagram


大内塗の雛人形

明日は、ひな祭りですね。


我が家は去年、買う?買わない?と色々検討したり、調べた結果、買いました。


その中で何個か条件が。
大きいのは高い。当たり前ですが。
というか、そもそも賃貸なので、大きいのは置けない。


そこで、当然の帰結として、お内裏様とお雛様の、豆雛的な小さいひな人形に、白羽の矢が。


でも、折角なので、小さいながらも、チャチじゃなくて後々まで使えて、
あと、できれば伝統工芸的な品が良いな。
で、もちろん、可愛いヤツ。不気味なのには、ちょいNG


と、結構条件付けをして検索。
画像検索でそれっぽいのを、見比べて探した結果。


ありました。理想通りの逸品が。
天然木に本漆、純金箔。本格漆塗りの「大内塗」と呼ばれる、山口県で600年の歴史を誇る伝統工芸品です。
この大内塗は、大内人形と呼ばれる、豆雛が有名だそうです。


さて。都内で、山口県の伝統工芸品はどこで買えるのか?
調べてみると、山口県のアンテナショップが日本橋にありました。


というわけで、行って買ってきました。大内人形。
フードアナリストのいぶくろブログ-大内塗り雛人形

手描きなので、一体一体微妙に異なる表情。
その中から、これぞ。というのを選んで購入。
フードアナリストのいぶくろブログ-大内塗り雛人形_表情

この、六百余年という昔に生み出された、元祖ゆるキャラ的な表情でありながら、漂うやんごとなき風格。
たまりません。


去年購入したので、レシートは既に手元にありませんが、5000円もしませんでした。
今、サイトを調べたら一番小さいのは、2520円だそうです。これだったような気がします。


子供に買うもよし、孫に買うもよし、ご贈答用に買うもよし。
確かな品質で、このお値段。超オススメの一品です。


ちなみに、橙と桃の花と雪洞(ぼんぼり)は、日本橋のデパートで買った別購入品です。念の為。
こっちは、結構高かったです。橙と桃の花のセットが2310円、雪洞が1470円でした。

雛人形より高い(笑)でも、江戸の職人の手作りだそうで、造りは確かです。


ちなみのちなみに、2月末の恒例であろう所の、お雛様って右側?左側?という疑問。
京都以外では、男性のお内裏様が向かって左側、女性のお雛様が向かって右側が一般的です。
花もどっちがどっちだったっけ?となりますが、
お内裏様の前が、キリッとした男性的な花の橘、お雛様の前が、淡い女性的な花の桜です。
配置自体は、割とそのままです。
ですが、今回調べるまで、私はこの花を、桃と橙(だいだい)だと思ってました。
フードアナリストのいぶくろブログ-左近の桜、右近の橘

だって、桃の節句だし、お正月飾りのミカンは、橙(だいだい)だし。
でも、京都御所に植えられている、「左近の桜、右近の橘」を模した物なんだそうです。
何で、花の由来や、京都では配置が違うこと。その辺は…調べてみると面白いですよ(笑)


ダンナ


おいでませ山口館 山口県東京観光物産センター(山口県アンテナショップ)
http://www.oidemase-t.jp/oidemase/index.html

日本の旧家「雛めぐり」の旅/世界文化社
¥1,680
Amazon.co.jp

広告を非表示にする
観光情報サイトの『たびねす』にて旅行ナビゲーターとして旅行ガイド執筆中。
よろしければ遊びに来てください。
http://guide.travel.co.jp/navigtr/280/

食べログ グルメブログランキングに参加中
食べログ グルメブログランキング