読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けいたろうのメインがランチのブログ

フードアナリストな旅行ナビゲーター。 フリーライターけいたろうによるブログ

フードアナリストであり、旅行情報サイトたびねすにて旅行ナビゲーターとして、
旅行ガイドを執筆している雑食性タビメシライターのけいたろうです。
旅先でのメシの話、旅の話、メシの話。その他にも色々。そんな感じでちょっと雑食性なブログ。


 ●Twitter  ●Instagram  ●Travel.jp たびねす  ●執筆・取材依頼はコチラ


刺身の背側と腹側

刺身の背側と腹側って気にして買ってます?
実はワタクシ、あんまり気にせずに買ってました。
魚好きなのに。


魚を選ぶ基準が、何となく大き目の切り身。
とかでした。いや、お恥ずかしい。


この間、何となく、ホントにふと何となく、スーパーの魚売り場で
あれ?魚って背側と腹側ってあるのに、考えて買ってなかった。と気が付きました。


参考として、ブリの切り身。
フードアナリストのいぶくろブログ-ブリ切り身

どっちが腹側でどっちが腹側か分かりますか?


そう。左側の白くて、平べったくて、三角形のが腹側で、
右側の、色が二層になってて、分厚くて、四角いのが背側ですね。


一般的に、背側の方が、脂が少なくて身がしっかりと詰まっている部位とされています。
いわゆるお上品な部位で、お店で食べるとほとんどが背側です。


一方で、腹側は脂が多く、身が柔らかくマイルドなのが特徴です。
魚によりますが、あまりお店では見かけないですね。
ブリなどは、ブリトロと呼ばれて出されているお店などもありますけどね。


鰹節なんかだと、背側で作った鰹節は雄節、腹側で作った鰹節は雌節と呼ばれて分けられていて、
雄節は、上品なダシ、雌節はコクのあるダシが取れます。


背身や腹身とも呼ばれている部位ですが、
私は腹側の脂の乗ったこってりとした味の方が好きなんですが、
刺身を買う時には、「せっかく刺身を買うなら大きい部位を」と謎のセコさを発揮してしまい、
大きな切り身の背側をよく買ってました。

タイなどの白身の魚や、アジなどの大きくない魚は、あまり気にしなくていいと思いますが、

ブリなどの脂が美味くて、大きな魚では、重要でしょうし、
今後は、もう少しマシな判断基準を設けようと思います。


今まで、あんまり気にしてなかったという方もぜひ。

フードアナリストのいぶくろブログ-ブリ刺身

ダンナ


魚のさばき方 (食の教科書)/エイ出版社

¥1,365
Amazon.co.jp

広告を非表示にする
観光情報サイトの『たびねす』にて旅行ナビゲーターとして旅行ガイド執筆中。
よろしければ遊びに来てください。
http://guide.travel.co.jp/navigtr/280/

食べログ グルメブログランキングに参加中
食べログ グルメブログランキング